太陽光発電のメリット


太陽光発電のメリットを最大限に得るには初期費用をどれだけ抑えられるかにかかっています。

設置費用には雲泥の差があります。

まずは、見積もりが大切です。

太陽光発電とは

現代社会がこれほど便利になっているのは、電力エネルギーのおかげです。

 

 

電化製品があふれている今、電気が止められてしまうことほど困るものはありません。

 

 

エネルギーの源になっているものとしては、原子力、火力といったものがありますが、原子力発電は、石油や天然ガスといった化石燃料を使っているため、窒素酸化物、二酸化炭素、硫黄酸化物といった大気汚染、環境汚染につながる物質を排出してしまいます。

 

 

そして、こうしたエネルギーには限りがあり、枯渇してしまうことが懸念されています。

 

 

地球と環境にやさしく、そして再生可能な新しいエネルギーとして注目されているのが【太陽光発電】です。

 

 

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを、太陽電池を使って電気に変換します。

 

 

太陽光発電 比較ナビ見積もり隊

 

 

太陽電池は半導体でつくられており、シリコン半導体、有機半導体、化合物系の半導体といった種類があります。

 

 

おもに使われているのはシリコン半導体です。

 

 

太陽電池の最小単位はセルと呼ばれ、このセル(太陽電池)を並べたものがモジュールです。

 

 

モジュールは、ソーラーパネルや太陽光パネル、太陽電池パネルと呼ばれています。

 

 

モジュールを場所に合わせて設置し、パワーコンデショナーに集まった電気が、送電線に送られる仕組みです。

 

 

太陽光発電によってつくられた電気は、学校や住宅だけではなく、自動車、外灯、灯台など、あらゆる場面で使われています。

 

 

太陽の恩恵・太陽光発電

 

太陽光発電を始めとする新エネルギーに期待が集まっています。

 

 

これまでの発電方法である原子力発電や火力発電による方法では、地球温暖化を急速に加速させてしまうこと、経済活動が活発になったことや人口が増えたことによって、消費するエネルギー量が増え続けていることから、環境や産業に及ぼす悪影響、そしてエネルギー源がいずれは枯渇する恐れが高くなっていることがその理由です。

 

 

 

太陽光発電以外に、風力発電、水力発電、バイオマス発電、温度差熱利用、太陽熱利用といった10種類の発電方法は、新エネルギーとして、これからの促進と普及に期待が寄せられています。

 

 

太陽光発電に大きく関係しているのが二酸化炭素です。

 

 

二酸化炭素は熱を閉じ込め、光を通す「温室効果」の性質を持っています。

 

 

地球上の二酸化炭素は、堆積物や海底、地中などに堆積物となっていきますが、二酸化炭素の量が多くなると、地球上の気温が上昇し、温暖化を招きます。

 

 

台風や地震、洪水といった災害や異常気象、干ばつ、公害、伝染病など、温暖化によって、人体と環境が受ける被害はとても深刻なものになってしまいます。

 

 

このような心配がない太陽光発電は、二酸化炭素を排出せず、枯渇しないという大きな特徴を持っています。

 

 

世界各地で使うことができ、二酸化炭素による温室効果ガスを削減することも可能です。