ダイビングの注意点とその予防策をご紹介!

ダイビングをする時にはどんな事に注意をすると良いのでしょうか?

>

注意をしても起こる事故を未然に防ぐ為に気をつけよう!

不幸な事故が起きない為の予防策を考えよう

注意事項や事故の話をしていると何となくダイビングをするのに不安を感じてしまうかもしれませんが、ルールを守ってしっかりインストラクターの方に教われば問題ありません。
ですが、時に何回でも海に潜っている人でもダイビングをする時は常に初心を忘れない様に心がけなくてはいけません。

自然だからこそ美しい海は、自然だからこそ甘く見てはいけない部分もあるという事です。
悲しい事故が起きないように様々な対策を考えています。

初心者の場合は、インストラクターの人がいてくれるので指示に従って行動すれば危険も少しは減ると思います。

意外と思わぬ事故に気をつけなくてはいけないのは、ダイビング経験者かもしれません。
慣れてくる頃が一番危ないのです。

対策としては、同じことを繰り返しする事が大切です。
器材の確認や、今日潜る所の注意点、健康チェックなどを一人ではなくグループで声を掛け合い潜る準備を一緒にしましょう。

安全にダイビングを行う準備

危険性や安全性に関しては、未然に防げるものは沢山あります。
海は自然のものなので天候の変化だけで全然違う景色になってしまいます。
穏やかな海でも、海の中は荒れている場合もあるのです。

自由に動き回るのではなくダイビングをするルートを決めて潜り過ぎないように気をつけましょう。
ダイビングは、海の中の生き物の世界を少しだけお邪魔させてもらう気持ちでなくてはいけません。
好き勝手に魚や珊瑚などを触らないようにしましょう。

ダイビングを安全に楽しむ為の準備として、ウエットスーツの下は水着をきます。
なので、動きやすい格好が良いですね。

また、水の中でも使えるバックを持っていると結構便利です。
中に入れるものは、防水カメラやサングラスなど細々したものを入れておくと良いです。

着替えやタオルも必要なので用意しておきましょう。
いざという時にないとガッカリしてしまうので持ち物は、事前チェックを忘れずにしたいですね。


TOPへ戻る